注文住宅を埼玉で建てる時に気を付けたいこと

埼玉で注文住宅を建てるときに気を付けたいことは、目に見えない部分に注意を払うことです。地盤の強度や安全性は、注意深く検討しなければわからないものです。建物にとって地盤の良し悪しは決定的な意味を持ちます。地盤が悪い場所では地震力は増幅されます。敷地は洪水に遭いにくい場所である必要があります。洪水の起こりやすさはハザードマップに記載されています。市街地から離れた新しい住宅地も問題があります。鉄道などの交通手段がない場合は、これからの少子高齢化に対応できない可能性があります。建物に関しては、耐久性が大切となります。住宅の耐久性は見ただけではわかりません。地震に抵抗する耐震性も、新築時だけ強いのでは意味がありません。長いスパンの時間軸を意識的に持つことは、気をつけたいことの一つです。

敷地選びで気を付けたい安全性と利便性

賃貸物件であれば身の安全を確保できればそれで済みます。しかし、埼玉で建てる注文住宅は資産としての価値を持たせる必要があります。資産としての価値には利便性と安全性があります。少子高齢化社会では、郊外の住宅地の高齢化が同時に起こり、その住宅地の維持が難しくなる事態が予想されます。宅地を選ぶ場合は広さや自然環境の豊かさよりも、利便性が求められます。安全性には地震に強い地盤と、洪水に遭いにくい敷地が必要となります。地震と洪水は一見関係が無いように考えられがちですが、洪水に遭いやすい場所は、地盤が悪い相関関係があります。敷地を選ぶ場合は、洪水に遭いにくい場所に狙いを定める必要があります。利便性がよく安全な敷地は資産価値があります。敷地選びは建物選びに優先します。

長期的視点を持って住宅を選ぶ必要性

埼玉で注文住宅を建てる場合は、長期的視点が欠かせません。新築は100年以上の耐久性を持つことが目標として掲げられます。100年の耐久性を目標とした場合、2×4工法やプレハブ工法は除外されます。長持ちし、途中で増改築が容易にできるのは、木造軸組み工法に絞られます。長持ちする住宅の決め手となるのは、柱の太さと屋根の材質です。柱が太い住宅は、耐震性が高いことが知られています。屋根材は瓦葺などの、長持ちする工法を選ぶ必要があります。これらの優先順位を付けた住宅を建てるには、依頼する会社選びが重要となります。大手住宅メーカーの中にも、木造在来工法を得意とする会社があります。その会社だけが所有している工法を用いるのではなく、汎用性のある工法を用いる方が安全です。地元工務店に依頼する場合は、気を付けたい内容を明確に伝える必要があります。