埼玉で注文住宅を建てる際のポイント

埼玉で注文住宅を建てる際には、押さえておきたいポイントがあります。まず予算を抑えるローコスト住宅をどのように利用するかということです。ハウスメーカーが提供するローコスト住宅は、これまでのオーダーメイドによる家作りの概念を大きく変えたものです。細かな部分までコストを削減することで、多くの人が注文できるように開発されています。どの程度まで基礎的な性能が確保されているのかをチェックすることが必要になります。例えばバスルームの場合、ユニット式のものが使用されますが、場合によっては耐久性が低いことがあります。ローコスト住宅は比較的早期にメンテナンスが必要になるものなので、とにかくすぐに家を建てたいという場合には便利です。その反対に、できる限り耐久性を高めたいのであれば、工務店などに依頼することになります。

ハウスメーカーは自由度が低いので注意

ハウスメーカーが提供する注文住宅は埼玉にも多くありますが、いかに効率的に建設するかを競っています。使用する建材や設備も安いものを使うので、基本的なプランとなると耐久性はあまり期待できません。そのためにオプションを選んでグレードを高める必要があります。けれども満足のできるレベルにまでオプションを利用すると、結果的にはかなり高額となってしまいます。そこでどこを妥協するのかを最初に定めておくことが大事です。ただし、ハウスメーカーは会社の規模が大きいので、アフターサービスに関しては安心できます。修理する際にも必要な材料は手に入りますし、安く手直しすることができます。一方で工務店の場合には、会社の規模が小さいためにいつの間にか倒産していることもあります。

工務店に家作りを依頼するメリットについて

工務店の場合も、注文住宅は安く建てることができます。ハウスメーカーのように建材などを大量生産するわけではありませんが、宣伝広告にお金をかけない分、安く建設できます。埼玉にも多くの工務店がありますが、職人の腕を競っている面もあります。そのためにハウスメーカーのような安定性はありませんが、腕の良い職人に建ててもらえれば、かなり高品質となります。ただしハウスメーカーのようにいつまでも保証が続くとは限らない点には注意が必要です。あまりに凝ったデザインにすると、補修の際に材料が手に入らない場合もあります。ただし最初の相談から設計と施工までを一元で行うので、施主の希望がそのまま現場まで伝わる利点はあります。その結果、細部に至るまでに高品質にこだわった家作りをしてくれます。

北辰工務店の大工さんは公的機関からも評価をいただいていおり、技術に信頼があります。 「ポラスが分かるバスツアー」は、大型バスに乗っていく日帰り旅行気分の”ウラ側”を見るバスツアーです。 高精度の構造計算で、オーバースペックすることなく、販売価格が無駄に高くなることはありません。 ポラスグループのオリジナル耐力壁の強さは全国トップレベルです。 注文住宅を埼玉でお考えなら北辰工務店